Select Language

2021/07/09

特集「見える言語・動く言語ー手話で感じる世界の見え方ー」

 

2021年7月21日(水)〜8月27日(金)

 

手話ってどんな言語なんだろう?

様々なろう者や手話ユーザーの方々と共に、手話やろう文化について理解を深める特集企画。新作の動画配信からオンラインイベント、オンラインワークショップまで、異なる切り口で迫ります。

 

1.「ろうあるある」からろう文化を学ぼう!

THEATRE for ALL オフィシャルナビゲーターでもあるろうお笑いコンビ「デフW」のお笑い鉄板ネタを観ながら語り合うお笑い&トークライブ。

「ろうあるある」から「ろう文化」を学ぼう。

日程:7月30日(金)19:00-20:00 youtube liveで配信予定!無料・予約不要

 

3.THEATRE for ALL LAB談話室 「異言語ラボ」の作品を観て語りあおう

7/27(火)夜 作品を鑑賞し、感想をおしゃべりするオンラインの集いをzoomで開催します。

参加申し込み方法:

アクセシビリティについて考えるコミュニティTHEATRE for ALL LAB限定イベント!

お申し込みはこちら

 

異言語ラボ「没入型映像 イマージュ」とは?

異言語Lab.は、異なる言語を使用する同士が言語の壁を超えてコミュニケーションするための新たな形を提案するラボラトリー。情報保障が単なる情報保障にとどまらず、新しい融合の形として挑戦している点が見所。どのような発見があるのか、ぜひ体験してみてください。 https://theatreforall.net/en/movie/igengo-image/

 

4.ろうお笑いコンビ「デフW」がTHEATRE for ALL をナビゲート!

デフWさんの鑑賞体験を手話で発信していただきます。

「THEATRE for ALL」では、手話に対応した動画がおよそ27点公開されていますが、果たしてどんな感想をいただけるかお楽しみに。

 

5.THEATRE for ALLの手話が決まりました!

固有名詞の手話は、必要に応じて新たに考案していくものです。「THEATRE for ALL」の手話を決めました。(7/21発表予定!)そもそも「手話が決まる」ということはどのようなことでしょうか?手話が決まる過程も垣間見れる企画も準備中です。

 

視聴モニターも募集

THEATRE for ALLのサイトで無料で作品を鑑賞していただき、作品やアクセシビリティについてご意見をいただく企画も実施予定。詳細は7月21日に本サイトでお知らせします。

最新情報はSNSをチェック

今後も新作配信など、続々情報公開予定です!

ご期待ください。

 

Twitter Instagram facebook

 

企画協力:シュアール