Language

Select Language

「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」
藤井清美

About

ある朝、目覚めてみると、自分がひき逃げ犯だという噂がSNS上に広がっていた!ネットの炎上を赤裸々に暴き出す迫真のジェットコースター・エクスペリエンス。
  • 舞台・演劇

U-NEXT配信

本作品は、2月4日(木)〜7日(日)に、こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ(東京)にて上演、2月6日公演をU-NEXTにて生配信いたします。

 

●生配信について

・日程 2/6(土)13:00/18:00 
https://horipro-stage.jp/event/aruhan20210122/

*後日 THEATRE for ALL で収録映像の配信を行います。

 

【2月6日(土)13:00/手話回】
朗読劇にあわせ、舞台上で、手話パフォーマンスを行います。
毎年行われている全国高校生手話パフォーマンス甲子園にて、3位入賞のほか「日本財団賞」も受賞し外部から高い評価を得ているクラーク記念国際高等学校 東京キャンパス 保育・福祉コースと演劇やダンスなど表現活動を行うパフォーマンスコースとのコラボレーションです。

 

【2月6日(土)18:00/音声回】
上演前に舞台セットの説明や台本上のセリフにはない映像のみで表される文字などをナレーションで伝えていき、視覚障害の方も一緒に楽しめるようにお伝えしておきます。ナレーターには小野友樹さんを迎え、素敵な声で皆様をご案内いたします。

 

公演詳細はこちら:「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」公演公式サイト

 

 

 

アーティストプロフィール

藤井清美

1971年生まれ。筑波大学在学中から舞台に携わり、映像脚本でも活躍。近年挑戦している小説では、大学で歴史学を学んだ経験を活かし、綿密な調査と取材を強みとする。舞台では小劇場から大劇場まで多くの作品を発表。『ブラックorホワイト? あなたの上司、訴えます! 』(作・演出)など。ドラマ・映画のシナリオでは恋愛ものからサスペンス、アクション作まで手掛ける。『相棒』『恋愛時代』『ウツボカズラの夢』『執事 西園寺の名推理2』(以上ドラマ)、『引き出しの中のラブレター』『るろうに剣心』シリーズ(以上映画)など。

 

クレジット

原作 : 藤井清美『#ある朝殺人犯になっていた』(発行元:U-NEXT)
脚本・演出 : 藤井清美
音楽 : 二本柳一明
美術 :  原田愛
音響 : 長野朋美
照明 : 阿部康子
衣裳 : 西原梨恵
映像監督 : 佐藤俊広
舞台監督 : 鈴木拓

主催・企画制作 :  ホリプロ
提携:  こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ