Select Language

花子

佐藤真

ABOUT

京都府の南端、大山崎町に暮らす今村花子は、夕食の残り物を素材に「たべものアート」を作る。花子と彼女を取り巻く家族の物語。

【たべものアート】
京都府の南端、大山崎町に暮らす今村花子は、夕食の残り物を素材にした「たべものアート」の作家である。このユニークなアートの発見者である母・知左は、6年に渡って花子の「作品」を写真に撮り続けてきた。一方、定年退職したばかりの父・泰信は花子のアートを未だに「汚い残飯」と思っている。

【彼女を取り巻く家族の物語】
花子は毎日作業所(乙訓ひまわり園)に通い、週末には絵画教室やバスケット、父とのお出かけを楽しむ。母はテニス、父は三味線、今村家の変わらぬ日常。今や今村家を出ようと決意している姉・桃子が語る花子との確執の日々。その中で、花子はひとり毎日変わることなく「たべものアート」を作り続ける。一人のアーティスト今村花子と、彼女を取り巻く家族の物語。

作品の基本情報

上映時間
60分
言語
日本語上映
料金
〈レンタル〉 1,000円(税込) 視聴期間: 240時間 / 10日間
〈定額制・月額会員〉 1,800円(税込) / 月
〈定額制・支援会員〉 30,000円(税込) / 年 ※その他にも特典あり
配信期限
2022年1月24日
ジャンル
アート ドキュメンタリー 映画
シリーズ
Palabra Pickup

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    対応
  • 手話
    非対応
  • バリアフリー字幕
    対応
  • 字幕
    対応
  • 多言語対応
    非対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応

本作品のアクセシビリティについて

バリアフリー動画をご用意しております。タブを切り替えてご覧ください。

 

バリアフリー日本語字幕+音声ガイド:話している言葉と話者名に加えて、音楽や効果音などの主な音情報を文字にした日本語字幕+場面や人物の動きといった視覚情報をナレーションする音声ガイド

 

アーティストプロフィール

佐藤 真

映画監督

 

1957年、青森県弘前市まれる。

京大学部哲学科卒

1985年、監督のもとで助監督。のフリーとなってPR映画、テレビ番組を多数手ける。

1996年、()カサマフィルム設立

映画美学校主任講師。京都造形芸術

2002年、文化庁派遣芸術研究員として英国ロンドンに年間滞在

クレジット

作:シグロ

監督:佐藤 真

作:山上徹二郎

:大津幸四郎

音楽:忌野清志郎フィータフィー

音:

編集秦岳志

2001 シグロ