Select Language

【6/3(木)開催 | 今回のお題:「I/O」】ミるミる見るツアー 〜映像を聴いて、語るワークショップ〜

ABOUT

目の見える人、見えない人が映像を見て、聴いて、語る。新たな気づきと出会う対話型ワークショップ!

「ミるミる見るツアー 〜映像を聴いて、語るワークショップ〜」は目の見える人、見えない人が一緒に映像を見て、聴いて、語る。さまざまな見方で、映像と言葉の新しい楽しみ方やとらえ方を発見していく、対話型ワークショップです。

今回はTHEATRE for ALLで配信中の『毛利悠子「I/O」』(全編約11分、無料)を題材に対話を使って<楽しみ方>を発見していきます。

流れるロール紙が取り込んだ空間の情報が、電気信号に変わって、置かれたオブジェを動かすインスタレーション作品『I/O』。普段は美術館やギャラリーで見ることができるこの作品を、映像作家や詩人と一緒に映像化して配信をしています。

もともと映像ではない作品を映像にすること、もともと言葉のない作品を言葉で表現すること。
ふたつの挑戦があったこの作品には、どんな映像と言葉の可能性が秘められているのでしょうか。

あなたの気づいていない<楽しみ方>をみんなで作ってみませんか?
ご参加お待ちしております!

作品の基本情報

配信期限
配信終了の予定はありません。

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    非対応
  • 手話
    対応
  • バリアフリー字幕
    非対応
  • 字幕
    非対応
  • 多言語対応
    非対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応

作品紹介


『I/O』

流れるロール紙で構成される本作は、空間の情報を電気信号に変換しオブジェを動かす。人工と自然が織り成す、独自の生態系とも喩えられる毛利の代表作であるインスタレーションを、詩人、大崎清夏と映像作家、玄宇民とともに映像化。大崎が作品からインスピレーションを受け創作した詩「《I/O》のための断章」をナレーターが読み上げていく。

アート作品を知覚するとは?という問いへ挑む。

 

毛利悠子

1980年神奈川県生まれ。磁力や重力、光など、目に見えず触ることのできない力をセンシングするインスタレーションを制作。主な個展に2018年「Voluta」カムデン・アーツ・センター(ロンドン)、2018年「ただし抵抗はあるものとする」十和田市現代美術館ほか、数々の国際展およびグループ展に参加。2015年に日産アートアワードグランプリ、2017年に第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

 

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ

2012活動スタート。スタッフ5名(視覚障害者3名、晴眼者2名)。月一回のペースで全国の美術館や学校で目の見える人、見えない人が言葉を介して「みること」を考える鑑賞プログラムを企画運営している。https://www.facebook.com/kanshows/

クレジット

企画運営:THEATRE for ALLラーニング

企画協力:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ

作品協力:金島隆弘+藤原羽田合同会社

主催:株式会社precog

関連タグ