Select Language

【8/29(日)開催】演劇ワークショップ「ももたろうのつづき」を作ってみよう!【範宙遊泳×コネリング・スタディ】

ABOUT

演劇集団・範宙遊泳といっしょに『ももたろうのつづき』を作る、演劇ワークショップを開催!

誰もが知っている童話「桃太郎」のつづきを、子どもたちと劇作家である山本卓卓が一緒に考え、実際に俳優さんに演じてもらうことで、子どもたちだけのオリジナル作品を作るワークショップです。

範宙遊泳が制作した映像作品『ももたろうのつづき』では、鬼退治の後日譚が描かれています。
モンスターペアレントになって民事訴訟を起こそうとする鬼のお母さんや、「ごめんなさい」をしにふたたび鬼ヶ島を訪れるももたろう一行など、原作とは一味違う個性的なキャラクターたちが登場します。
”むかしむかし”のつづきを自由に妄想して、”いま”の新しい「桃太郎」を物語るこころみです。

そんなふうに、あなたならではの新しい「ももたろうのつづき」を想像して、こだわりを詰め込んだ演劇づくりを体験してみませんか?


※写真:加藤和也

作品の基本情報

配信期限
配信終了の予定はありません。
ジャンル
演劇

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    非対応
  • 手話
    非対応
  • バリアフリー字幕
    非対応
  • 字幕
    非対応
  • 多言語対応
    非対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応

作品紹介

範宙遊泳〈シリーズ おとなもこどもも〉『ももたろうのつづき』

メインビジュアル:たかくらかずき

改修工事のため休館中の文京シビックホールが、休館中も文化芸術に触れられる機会を設けるために行っている配信プログラムの1つ。演劇集団「範宙遊泳」主宰で劇作家・演出家の山本卓卓による、昔話「桃太郎」のその後を描いたオリジナルストーリー。

オリジナル版およびバリアフリー日本語字幕版をTHEATRE for ALLにて配信予定。

▶︎https://www.youtube.com/watch?v=Qv2XMPxUqhk

範宙遊泳 プロフィール

2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。
現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。
近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。
『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。
<シリーズ おとなもこどもも>では子供向け演劇作品を創作。
2020年より<むこう側の演劇>を始動。オンラインをも創作の場として、YouTubeで作品を多数無料配信している。

▶︎https://www.hanchuyuei2017.com/

コネリング・スタディとは?

新宿区のフリースペース・山吹ファクトリーが主催となり、ダンスや演劇を教材に豊かな学びを生む親子向けプロジェクト。作品鑑賞の前後にアーティストによるアクティビティを付け加えることで、上演と鑑賞とを新しいかたちで繋いでいます。

詳細はこちら
▶︎ https://precog-jp.net/works/conneling-study/
Aokidとのワークショップの記録はこちら
▶︎ https://youtu.be/_pFMQ0Ozx4o
チェルフィッチュとのワークショップの記録はこちら
▶︎ https://note.com/precog/n/n0ec67f0bdcb1

クレジット

企画・運営:合同会社範宙遊泳、コネリング・スタディ

映像製作:文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)

協力:THEATRE for ALL

主催:株式会社precog 山吹ファクトリー

助成:公益財団法人セゾン文化財団

関連タグ