Select Language

【5/25(火)開催|今回のお題:「ルール?」】てつがくタイム ~ モヤモヤを楽しむ対話の場~

About

さまざまな人たちと作品を鑑賞し、そのテーマを深く考え話してみるワークショップ。
小さな子どもから大人まで、さまざまな人たちと哲学対話を行っているアーダコーダと一緒に、日々の生活の中では通り過ぎてしまうような問いについて、あえて立ち止まり、みんなでじっくりゆっくり考え、語り合う会です。

今回はTHEATRE for ALLで配信中の『田中みゆき 野村律子 菅俊一 「ルール?」』を題材に、作品をきっかけに生まれた問いについて対話します。

・ルールをつくるのに必要なものって何?
・あたりまえのことって、どうしてそれがあたりまえだと思うんだろう?
・ルールがない世界ってどんな世界だろう?

など、いろいろな人たちと鑑賞した作品のテーマについてじっくり考え、感じた疑問や不思議を語り合うことで、あなたの中に新しい考え方やとらえ方が生まれるかもしれません。

『ルール?』は7月より21_21 DESIGN SIGHTで開催の企画展「ルール?展」でも展示される、日常の一片が集まった14分の映像です。
日常の一片はそれぞれ2回繰り返され、作家オリジナルの情報保証とともに繰り返し見ることで起こっている出来事の違う側面が見えてくるようです。
自分では当たり前だと思っているルールも、別の人にとってはそうではないことがあります。

「てつがくタイム ~ モヤモヤを楽しむ対話の場~」を通じてさらなる気づきがあるかも!?ご参加お待ちしております!
  • オンライン授業
  • 開催日時

    5/25(火) 20:00-22:00

  • 対象

    大学生以上 (年齢制限なし)

  • 定員

    15名

  • 参加費

    500円

  • 会場

    オンライン(zoomを使用予定)

  • ファシリテーター

    アーダコーダ 幡野雄一

  • お申し込み
  • 以下のPeatixページよりお申し込みください。

    http://philosophytime-may25.peatix.com

  • 注意事項/備考
  • ※予め作品を鑑賞の上 当日ご参加ください。

    対象作品:『ルール?』(無料) https://theatreforall.net/movie/rule/

    ※パソコンの使用を推奨いたしますが、スマートフォンやタブレットからでも参加可能です。

    ※ZOOMは、インターネット接続環境があれば、パソコン等から簡単に参加いただける、テレビ電話システムです。

    ※接続にかかる通信料は参加者各自の負担とします。

作品紹介

田中みゆき 野村律子 菅俊一 「ルール?」

日常生活において必ずしも意識化されていない様々なルールを取り上げ、私たちがこれからの社会で共に生きていくためのルールについて考える。アーティストが創作した字幕や音声ガイドなどが複合的に付いた、一つの映像となっている。

 

幡野雄一(ハタ坊)

高校卒業後、ヒッチハイキング、野宿生活、四国の歩き遍路などを経験。その後、大学で仏教を学ぶ。卒業後は、NPO法人こども哲学おとな哲学アーダコーダの理事として、学校、塾、地域など、様々な場で哲学対話を行う。2019年、探究型学習塾「ベースクール」を国立駅北口に開校。2020年、まちの寮「ぶんじ寮」を開寮。管理しない管理人として生活している。

クレジット

企画・運営:THEATRE for ALL ラーニング

運営協力:こども哲学おとな哲学アーダコーダ

作品協力:DDD Project

主催:株式会社precog