Language

Select Language

「サンライズ・ヴァイブレーション」
太田信吾

About

新型コロナウイルスによる外出自粛により運動不足や精神的不調を訴える人が増加するなか、「肛門日光浴」を実践するミュージシャンの男性が、その一風変わったアクションで人々を勇気付けてゆく物語。本作の音声ガイドは、太田監督が音声解説を行っている。

©︎Hydroblast
1,000円(税込)
  • 映画・ドキュメンタリー

アクセシビリティについて

本作品のアクセシビリティについて

※4つのバリアフリー動画をご用意しています。タブを切り替えてご覧ください。
・監督による音声ガイドとその字幕+バリアフリー日本語字幕 :話している言葉と話者名に加えて、音楽や効果音などの主な音情報を文字にした字幕と、太田監督によるオーディオコメンタリーと、場面や人物の動きといった視覚情報をナレーションする音声ガイドとその字幕
・手話通訳+日本語字幕:話している言葉または、話者名と話している言葉を文字で表した字幕と手話通訳
・バリアフリー英語字幕:話している言葉と話者名に加えて、音楽や効果音などの主な音情報を文字にした英語字幕
・オリジナル:作品映像オリジナルバージョン

 

※作品を視聴するにはログイン、または会員登録をしてください

アーティストプロフィール

太田信吾

1985年生まれ。長野県出身。早稲田大学で哲学を専攻。2010年、引きこもりをテーマに製作した映画『卒業』がイメージフォーラムフェスティバル優秀賞・観客賞を受賞。2013年には友人の自殺に向き合った映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が山形国際ドキュメンタリー映画祭ほか、12か国で公開。2019年、劇映画『解放区』はテアトル新宿を皮切りに全国ロードショー。俳優としてチェルフィッチュを始めとする舞台や映像作品にも出演している。

クレジット

監督・録音・撮影・編集・CG:太田信吾
プロデューサー:チーウェイ・チャン
出演:リー・タバスコ、Frying Dutchman、本山大、眞木雄一、東川 恵里子 ほか
整音・マスタリング:久保田麻琴
制作:酒井清
デザイン・ウェブデザイン:チャタ

 

主催:Hydroblast
協力:TokyoDocs、Taiwan Korea Film Culture and Arts Association