Select Language

【まるっとみんなの調査団】インクルーシブな映画祭を作ろう!調査団メンバー大募集!!

ABOUT

こんにちは!わたしたちは、軽井沢で映画を通じてインクルーシブなお祭「まるっとみんなで映画祭」を作りたいと思っています。

“インクルーシブ”というのは、「包み込むような・包摂的な」という意味の言葉で、わたしたちは、世代や障害、性や言語の色いろな人たちが混ざって楽しめる映画祭を目指しています。

色んな人たちが、居心地の良い映画祭ってどんなものでしょう???「「まるっとみんなの調査団」では、東信地域の ”色んな” 人たちが集まる場を訪ねて、話を聞いて、ヒントをもらいながら、こんな映画祭があったらいいな!というアイデアを共に考えてくれるメンバーを募集します。

「将来アートや福祉、教育に関係する仕事に就きたい!」「地元を盛り上げていきたい!」「映画やアート、インクルーシブな場づくりに関わりたい!」などなど、活動に関心のある皆様のご応募をお待ちしています!

開催概要

実施期間:2022年9月18日~3月末頃

定員:10名程度

参加費:無料

応募条件:

・16歳以上

・軽井沢を中心とした活動の現場まで通うことができる方(小諸、上田での活動も2日程度あり)

・ご自身の可能な範囲内でご参加ください。(通学や通勤の合間、育児中、介護中などでも歓迎)

 

 

こんな人におすすめ:

・イベントを企画したり、企画を動かしたりしたい

東信エリアでアート、福祉、教育などにまたがった活動がしたい方もしくは興味がある

・アートイベントの企画、運営に関わりたい

・まちづくりや地域活性に興味がある

・アートコーディネーターやアーティストとして活動している

・地域でアートを通じた活動がしたい

・地域でインクルーシブな活動がしたい

・地域で、アートやインクルーシブな活動を共にする仲間が欲しい

 

お問い合わせ:

tfa.learning@gmail.com

活動内容・スケジュール

 

  • キックオフ&レクチャー

9月18日(日)14:00- @ 中軽井沢周辺を予定

 

  • ヒアリングリサーチ(9月~12月 /全4回)

軽井沢エリアを中心に、「福祉・医療」「芸術」「教育」の各施設や関係者へのインタビューを実施。色々な分野からお話を聞いて映画祭企画のタネを見つけます。

(*日時未定。決まり次第順次お知らせいたします。)

 

<ヒアリング対象者(予定)>

軽井沢病院・稲葉俊郎さん、

上田・NPO法人リベルテ・武捨和貴さんなど

 

  • ワークショップや上映会の見学(9月~12月)

福祉施設や介護施設、教育現場などで開催するアーティストワークショップや上映会の見学ができます。アートの持っている力とその活かし方を体験して考えます。

 

  • 企画会議(1月)

2023年に開催予定の「まるっとみんなで映画祭」を目指して、調査をもとに、インクルーシブな映画祭ってどんな工夫が必要?どんな企画があると良いかをブレストしていきます。

 

  • 報告会(2月)

これまでの調査内容や、ここで生まれた映画祭のアイデアを発表し、フィードバックを得て、「まるっとみんなで映画祭」の企画の輪郭をつかんでいきます。

募集について

募集期間:

7月13日(水)〜9月11日(日)23:59まで

 

応募の流れ:

1.応募フォームor メールからお申し込み

・応募フォームURL(peatix)

https://maruttochosadan.peatix.com/

・メール

tfa.learning@gmail.com

 

*メールで応募の方は、件名「まるっと調査団|参加希望」として、氏名、年齢、お住まいの地域(県・市)応募動機を記載の上ご応募ください。

 

※ 応募動機

「調査団に応募した理由は何ですか? 200字〜500字で具体的に教えてください」

「①地域、②アート、③インクルーシブ/アクセシビリティの3つの中で興味・関心があることはなんですか?その理由も教えてください。」

 

<注意事項・備考>

・応募者が定員を超えた場合には、参加の可否を9月13日(火)までにお知らせします。

・参加にあたりご心配な点、配慮するべき点などあれば(tfa.learning@gmail.com)までお問い合わせください。

クレジット

支援:信州アーツカウンシル(一般財団法人⻑野県文化振興事業団)

協力:まるっとみんなで映画祭 実行委員会

主催:まるっとみんなで準備室/一般社団法人DRIFTERS INTERNATIONAL

「令和 4 年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業」

関連タグ

peatixで申し込む