Select Language

【2つのQ】True Colors FASHION ドキュメンタリー映像「対話する衣服」-6組の”当事者”との葛藤 -」

 出演: 山縣良和(ファッションデザイナー)、伊藤亜沙(美学者)

ABOUT

服だけを作っているわけではなく人間像を作っているのだというファッションデザイナーの山縣さん。「対話する衣服」は6名のデザイナーと6名の様々な身体を持った人々が対話しながらそれぞれのファッションを作っていくプロセスを収めたドキュメンタリーです。マネキンのような「理想」に近づけようとするのではなく、人それぞれの記憶と結びついた体と向き合うコミュニケーションを通して生み出されていくファッション。あなたにとっての「装い」とは何ですか?

#似合うファッションって何 #ファッション #ダイバーシティ #美しさとは #マネキン #環境負荷 #大量消費

公開中

作品の基本情報

料金
無料
配信期限
配信終了の予定はありません。
ジャンル
ドキュメンタリー ラーニング・解説

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    非対応
  • 手話
    対応
  • バリアフリー字幕
    非対応
  • 字幕
    対応
  • 多言語対応
    非対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応

プロフィール

山縣良和(ファッションデザイナー)

2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズに選出。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。2020年より渋谷パルコ9Fに新設された10代のための学び舎「GAKU」のディレクターを務める。ここのがっこう公式ページ

 

伊藤亜紗(美学者)

東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター/リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は美学。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次より文転。主な著作に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『どもる体』(医学書院)、『記憶する体』(春秋社)、『手の倫理』など。WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017、第13回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、第42回サントリー学芸賞を受賞。