Select Language

チロンヌㇷ゚カムイ イオマンテ
―日川善次郎エカシの伝承による

北村皆雄

ABOUT

1986年当時、75年ぶりに北海道屈斜路湖畔で行われた「キタキツネのイオマンテ」。その貴重な祭祀の一部始終が映像によって残されていた。今回その古いアナログ映像をデジタルリマスターし再編集。当時の祭祀の雰囲気が美しい映像で蘇る。失われつつあるアイヌの伝統文化を後世に遺す民族誌映画。

― アイヌ民族の知られざる祭祀 1986年 カメラはすべてを撮っていた
1986年、北海道屈斜路湖畔を臨む美幌峠で、大正時代以来75年ぶりに「チロンヌㇷ゚カムイイオマンテ(キタキツネの霊送り)」が行われた。アイヌの人たちもほとんどが知らない幻の祭祀だ。狩猟民であるアイヌの伝統的な考えでは、動物は自らの肉や毛皮をみやげにして人間の国へやってくる。アイヌは、キタキツネの子をわが子のように乳房を含ませて育てると、やがてイオマンテを行う。祈りを捧げ、歌や踊りで喜ばせ、みやげを背負わせて神の国へ送るのだ。祭祀を司るのは、明治44生まれの日川善次郎エカシ(当時75歳)。祈りの言葉を間違えれば神の怒りが返ってくる。一言一句に全霊をこめる。映画は、1986年に撮影したものに2Kレストアをすませ、歌、踊り、言葉を35年後によみがえらせた。

公開中

作品の基本情報

上映時間
105分
言語
日本語 アイヌ語
料金
〈レンタル〉 1,800円(税込) 視聴期間: 192時間 / 8日間
〈定額制・月会員〉 1,800円(税込) / 月
〈定額制・年会員〉 30,000円(税込) / 年 ※その他にも特典あり
配信期限
2022年11月28日 注)レンタルでのご視聴、これから有料会員にお申込みされる場合は作品の配信終了日を必ずご確認の上、ご購入手続きを行ってください。 特に銀行振込でのお支払いには入金確認に日数を要するため、お手続きによっては作品配信期間が終了してしまい、ご視聴になれないこともございますのでご注意ください。
ジャンル
ドキュメンタリー 映画
シリーズ
まるっとみんなで映画祭

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    対応
  • 手話
    非対応
  • バリアフリー字幕
    非対応
  • 字幕
    対応
  • 多言語対応
    非対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応
  • ノンバーバル
    非対応
  • フレンドリー上映
    非対応

POINT!

1986年当時、75年ぶりに北海道屈斜路湖畔で行われた「キタキツネのイオマンテ」。その貴重な祭祀の一部始終をデジタルリマスターし再編集。儀礼の中で神々に捧げられるウポポとリムセ、カムイノミの一言一句を記録。失われつつあるアイヌの伝統文化を後世に遺す民族誌映画。

「まるっとみんなで映画祭」出品作品

アーティスト プロフィール

北村 皆雄

 

1942年長野県生まれ。ドキュメンタリー映画監督。早稲田大学第一文学部演劇専修卒業。1960年代以来、アジアや沖縄・日本各地をフィールドに、映像人類学・民俗学を掲げ百を超える映画・テレビ番組を撮り続けてきた。1986年に撮影した『チロンヌㇷ゚カムイイオマンテ』を、後世に伝えるため2021年に完成させた。

代表作
『神屋原(カベール)の馬』(1969年)『アカマタの歌』(1973年)『見世物小屋』(1997年)『ほかいびと』(2011年)『冥界婚』(2016年)など多数

アーティスト・制作者 からのメッセージ

民俗の記録は古いほど、原型が残っている。時間の奥に眠っていたアイヌの世界観を、現在に引き出した。

クレジット

撮影:柳瀬裕史、森照通、明石太郎
調査協力:田中基
編集:北村皆雄、門馬一平
音響・整音:斎藤恒夫
レストア:大山祐太朗
スタジオ:TSP NiTRo、SHIBUYA FIXE
企画:堤大司郎
監修・カムイノミ対語訳:中川裕(千葉大学名誉教授)
語り:豊川容子
音楽:豊川容子、 nin cup
Special thanks:日川善次郎、弟子豊治、萱野茂
監督:北村皆雄
制作:三浦庸子
製作:ヴィジュアルフォークロア
助成:文化庁「ARTS for the Future!」補助対象事業

ログイン/新規登録

※作品をレンタルするにはログイン、
または会員登録をしてください

定額見放題に申し込む

| 月会員 | 1,800円/月
| 年会員 | 30,000円/年