Select Language

fragments of Tuah – トゥアの片影

ファイク・シャズワン・クヒリ、マーク・テ、シャムスル・アズハー、ウォン・テイ・シィ

ABOUT

主人公は伝説の戦士「ハントゥア」と、クアラルンプールに暮らす「語り手=わたし」。マーク・テたちが、600年以上かけて「マレーシア人」の誇りとして人々に編み込まれた「ハントゥア」の物語を再編集し、現代マレーシアを生きる「わたし」の問いを描き出す。

舞台はマレーシア。 主人公は伝説の戦士「ハントゥア」と、クアラルンプールに暮らすミュージシャンである「語り手=わたし」。マレーシアを代表する現代アーティスト、マーク・テたちが、何百年も語り継がれる英雄の痕跡を探し歩き、本や博物館、テレビや映画、街頭や墓場、沖縄にあると言われる実在の痕跡まで追い製作したビデオ・エッセイ。600年以上かけて「マレーシア人」の誇りとして人々に編み込まれた「ハントゥア」の各地・各時代に散らばった物語を再編集し、現代のマレーシアを生きる「わたし」の問いが描き出される。

#fragmentsoftuah

作品の基本情報

上映時間
47分
言語
英語
料金
〈レンタル〉 1,300円(税込)
〈定額制・月額会員〉 1,800円(税込) / 月
〈定額制・支援会員〉 30,000円(税込) / 年 ※その他にも特典あり
配信期限
配信終了の予定はありません。
ジャンル
アート ドキュメンタリー 映画 演劇

本作品のアクセシビリティ

  • 音声ガイド
    非対応
  • 手話
    非対応
  • バリアフリー字幕
    対応
  • 字幕
    対応
  • 多言語対応
    対応
  • 吹き替え
    非対応
  • 作家オリジナルのバリアフリー
    非対応

POINT!

移動し越境する人々をテーマにした作品を発表する作家・舞台演出家の神里雄大と、マレーシアの政治史を長きにわたり調査している演出家・研究者・キュレーターのマーク・テの《南方から「歴史」を読み換えるリサーチコラボレーション》、最終作品。

2018年7月にインドネシア・ジョグジャカルタにて開催された「Jejak-旅 Tabi Exchange」でのプレゼンテーションをきっかけに、全く異なる手法でリサーチを行う神里とマークによる本ラボレーションが発足。
2019年、国境の「端っこ」を中心に置き換えて考察し、中央と周辺、支配と被支配、というテーマでプロジェクトがスタート。 2019年12月から2020年2月にかけて、琉球諸島(奄美大島、徳之島、沖縄本島、宮古島など)でリサーチを実施。 その後もタイや「Jejak-旅 Exchange 2020」プログラム等で神里・マークは緩やかな対話を続け、それぞれに新作の構想を練り、創作を開始した。

2020年、神里の「カオカオクラブ・オンライン」に次ぎ、最終年となる今回、マークは本作『fragments of Tuah – トゥアの片影』を発表する。

アーティストプロフィール

ファイク・シャズワン・クヒリ

 

ファイク・シャズワン・クヒリは、マレーシアの独立放送局「BFM」のデジタル・プロデューサー。《Something I Wrote》《2-minute solos – art meets politics》《Baling》《Version 2020》《A Notional History》《Oppy & Professor Communitas》などファイブ・アーツ・センターの数多くのプロジェクトや、ダンス・アーティストのリー・レンシンの《B.E.D.》シリーズに出演。バンド「Terrer」でオリジナル楽曲を製作している。


マーク・テ

 

マーク・テは、マレーシア、クアラルンプールを拠点とする演出家・研究者・キュレーター。多様な共同プロジェクトは、ドキュメンタリー的または思弁的な形式をとることが多く、歴史におけるもつれた関係や記憶、カウンターマッピングといったテーマを扱う。パフォーマンスを活動の中心としているが、展覧会や教育、社会活動、キュレーション、執筆なども行う。ロンドン大学ゴールドスミス校で芸術・政治学修士課程修了。ファイブ・アーツ・センターのメンバー。


シャムスル・アズハー

 

シャムスル・アズハーは、テクノロジーをパフォーマンス的要素として作品に取り入れながら、演劇・映画・現代美術の領域でマルチメディアおよび照明デザイナーとして活動している。様々な場所や空間をデザインし、ファイブ・アーツ・センターとは多数のプロジェクトで協働してきた。パフォーマンスや展覧会にむけて作品を制作するアーティストのための緩やかで領域横断的なコレクティブ「sans」のメンバー。ディーキン大学 (オーストラリア) の映画・デジタルメディア学部を卒業。


ウォン・テイ・シィ

 

ウォン・テイ・シィは、現代美術・演劇・映画の分野で1999年から活動。受賞歴を誇るプロダクションデザイナー、キュレーター、プロデューサー、ファシリテーターとして、これまで様々なアート・コレクティブや組織、制作会社と協働した経験を持つ。集団の創造性や領域横断的なコラボレーションの力を信じ、特に芸術と社会環境が交差する点に関心を寄せる。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズでビジュアルアーツの学位を取得。

クレジット

映像製作:ファイク・シャズワン・クヒリ、マーク・テ、シャムスル・アズハー、ウォン・テイ・シィ
撮影 (沖縄) :神里雄大、鳥井由美子

英日翻訳:田村かのこ、春川ゆうき (Art Translators Collective)
バリアフリー日本語字幕監修:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク
バリアフリー日本語字幕映像編集:内田圭

共同リサーチ (2019年度) :神里雄大

統括プロデューサー:中村茜
プロデューサー:黄木多美子、水野恵美
コーディネーター:野崎美樹
プロジェクトマネージャー:佐藤瞳、平岡久美

企画制作:株式会社precog
主催:一般社団法人P

助成:
公益財団法人セゾン文化財団(国際プロジェクト支援2019-2021:南方から「歴史」を読み換えるリサーチコラボレーション)
芸術文化振興基金

協力:
沖縄県立埋蔵文化財センター
Jejak-旅 Tabi Exchange

ログイン/新規登録

※作品をレンタルするにはログイン、
または会員登録をしてください

定額見放題に申し込む

| 月額会員 | 1,800円/月
| 支援会員 | 30,000円/年