Language

Select Language

ミュージカル「ジパング青春記―慶長遣欧使節団出帆―」
劇団わらび座

About

1611年慶長の大津波の後、一隻の船が大海原を渡る。東日本大震災からの復興の思いを重ね合わせ、希望を取り戻して生きていく人々を描くオリジナルミュージカル

©︎宣伝美術:澁谷和之(澁谷デザイン事務所)
1,000円(税込)
  • 舞台・演劇

アクセシビリティについて

本作品のアクセシビリティについて

※2つのバリアフリー動画をご用意しています。タブを切り替えてご覧ください。
・バリアフリー日本語字幕:話している言葉と話者名に加えて、音楽や効果音などの主な音情報を文字にした字幕

・英語字幕 : 話している言葉、または話者名と話している言葉を文字で表した英語字幕

アーティスト・制作者からのメッセージ

私ども劇団わらび座の社是は「衆人愛敬(しゅにんあいぎょう)」といいます。これは広くたくさんの人々と繋がり愛されることこそ自分たちの芸事の基礎である、という意味です。どんなひとにも開かれた劇場、THEATRE for ALLの理念に共感します。THEATRE for ALLを通して、私たちの舞台をお届けできることをとても光栄におもいます。どうぞお楽しみください。

※作品を視聴するにはログイン、または会員登録をしてください

アーティストプロフィール

劇団わらび座

1951年2月創立。民族伝統をベースに、多彩な表現で現代の心を描く劇団。近年は主に日本のオリジナルミュージカルを制作する。民謡の宝庫と呼ばれる秋田県仙北市にホームを置き、現在5つの公演グループで年間約800回の公演を全国で行う。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、ブラジルなど16カ国での海外公演実績を持つ。

クレジット

作・作詞・演出:横内 謙介
作曲:深沢 桂子
編曲:前嶋 康明
振付:ラッキィ池田、彩木エリ
美術:金井 勇一郎
照明:塚本 悟
音響:福地 達朗
衣装:樋口 藍
ヘアメイク:馮 啓孝
小道具:平野 忍
演出助手・振付助手:安達 真理
音楽助手:わたなべのぶこ
舞台監督:仲野 岳

 

企画・制作:わらび座
後援:復興庁、宮城県