Select Language

Translation for ALL
トランスレーション フォー オール

身体表現の翻訳をかんがえる

 

翻訳=Translationの語源は「運搬すること・言いかえること」。身体表現を観客に届ける道中のさまざまな障壁を、それぞれの作品が各々の手法で乗り越え、アクセシビリティをALL=あらゆる人に向けてひらく挑戦を行います。

Translation for ALL
トランスレーション フォー オール

2023 APRIL-JUNE
2023年4月-6月・ 東京

「Translation for ALL |トランスレーション フォー オール」は、作品に込める思いを、障害者や使う言語が異なる人など、より様々な人たちで分かち合い、さらなる表現へとつなげていく試みです。2023年から試行錯誤の場としてラボでの活動を展開しながら作品制作を行い、公演を伴う演目は2023年5月に開催します。

最新情報

’22/12/26 Translation for ALL 第一弾 開催告知

 

参加アーティスト

AR三兄弟、contact Gonzo × やんツー、蓮沼執太・梅原徹・宮坂遼太郎 他

 

Translation for ALL LAB
あなたなら、どう届ける?という試み

アクセシビリティとテクノロジー、創作とバリアフリーなどについて、アーティストや技術者が意見交換を行ったり、創作の過程をさまざまな観客や障害当事者らと共有したりするトライ&エラーの場。「翻訳」に対する正解のない対話を公演に先駆けて試み、多角的な視点でクリエイションを行います。

クレジット

主催:THEATRE for ALL(株式会社precog)
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】